事業経営の歴史

スリスパーラック・オーキッド株式会社は、スリブラパー・オーキッド株式会社の子会社であり、50年間以上にわたり、カシューナッツの生産を事業しています。スリブラパー・オーキッド株式会社の長女であるスパーラック氏は、親の事業を支援してきています。そして、3人の兄弟が修学して、事業を援助することができたため、事業を拡大して、スリスパーラック・オーキッド株式会社を1990年に設立しました。プーケットに来るタイ人や外国人の観光客に12の風味のカシューナッツやプーケット島からの品質のお土産の販売を事業しています。また、先祖の意図に従ってカシューナッツの事業を後継しながら、生産を拡大し、カシューウィーのような新製品を発明していました。カシューウィーは、美味しく、健康を補充するカシューアップルジュースであり、また、今日まで農家に農産物に付加価値を追加する役割もしています。


経営方針「正直、誠実、忍耐、勤勉及び顧客へのよい物と印象の提出」

THE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICETHE ORIGIN OF THE CASHEW APPLE JUICE

なぜ、キャッシュチューイーの生産を思いましたか?
私(スパーラック氏)は、それが非常に奇妙な出来事だと思っています!1999年に、中国の江泽民大統領が、オーストラリアでのAPEC会議に出席する前にプーケットに来て滞在しました。私は、彼の歓迎式に出て、彼と握手をしてもらいました。そして、3週間の菜食の儀式がプーケットで行われました。そのとき、ある外国人は当社の工場を訪問して、工場に対する良い印象があまりないように表現しました。私が彼と多くの他の顧客を歓迎しましたが、他の顧客が彼と同様な態度がなかったが、彼だけが不満を持っているようでした。私が、彼と丁寧に話したり、歓迎したり、お水や当社のカシューナッツを彼に出しましたが、彼は「No」のみを4回も返答しました。私は、「私は3世代にわたって、カシューナッツを生産して来ている。」と、彼に話しましたが、彼は、私にかなり軽蔑して、最後に、「私は、カシューナッツを食べるために、この工場に来る目的ではありません。私はカシューアップルジュースを飲みたいです。ありますか?私は、イスラエルからの教授で、今、定年しています。あなたの会社はイスラエルで有名です。私はカシューアップルジュースを飲んだことがあって、健康に役立ちました。あなたが3世代にわたってカシューナッツを生産していると言ったことに対して、私は非常に残念です!(同時に彼が自分の胸に手で叩きました。)私はせっかく16日間でタイを旅して、最後の日の前にあなたの工場を見学しました。」と、話しました。その日の事件により、私は、13歳の少年だったごろを振り返って、祖父に尋ねたことがありました。それは、カシューナッツを収穫していた時期に、当社がカシューナッツを購入して、一日で太陽光で乾燥させてから、倉庫に保存しました。私の祖父(母の父)に、「じいちゃん、カシュー果実が食べられますか?どこにありますか?私は食べたいです!」と尋ねました。祖父は、農家によって持って来たカシュー果実をナイフで切り、塩、唐辛子と砂糖と食べさせました。味は渋く、美味しいではありませんでした。私は、「美味しくする方法があるはつです。カシュー果実が好色で、いい香りしているからです。」と祖父に話しました。祖父は、「そうしたら、家庭科を勉強すれば。」と言いました。私は、そのとき、看護師になりたいと思っていましたが、その考えをキープしながら、機会があれば、勉強するつもりでした。勉強を終了すると、カシューナッツを販売する親の事業を支援し始めました。その10年間経過して、ときにはカシュー果実を思い出したが、研究する時間がなくて、できませんでした。時間の流れに従って、プーケットの観光の季節になって、忙しくなり、観光の季節が終わったら、収穫期も終了します。そして、その外人に言われた日に、私はその外人と同様に後悔して、時間を流してしまいました。申し訳なく、主な事業の責任を負いながら、その外人に謝りながら、アイデアを刺激されたため、お礼もして、「2000年4月に時間があれば、プーケットに来てください。ここで必ずカシューアップルジュースを飲むことができます。」と約束しました。彼は、嬉しく、「約束しましたね。私が来たら、飲むことができますようね。」と言って、そして、帰る前に、「あなたが成功したら、ウォッカで割ったら、健康に良いですよ。」と言いました。どうして、4月に約束したか、というと、カシュー果実の収穫期は2月から5月までなので、その収穫期が終了する前の1ヶ月の4月までに、作って見て、味を調整するつもりでした。結局、皆は、カシューウィーが美味しいことを認めています。

カシューは、アマゾン領域の多用の利益な木であり、アマゾンの中央平野での砂質土の地域で多くに見られます。成木は樹高15メートルほどに達し、樹幹が厚く曲がり、分岐が長くよこして地面に到達します。カシューは多くの利点があり、多く生成物を生産します。例えば、樹皮及び葉は薬剤の製造に使用され、種子は全世界で一般的に食料とされて、高い市場価値となっていて、果皮も薬剤の製造に使用されます。また、「カシューフルーツ」は、かなり奇妙な果実です。実際には、それは全くの果物ではなく、花托が成長して果実となり、「偽果」と呼ばれます。偽果は大きなサイズで柔らかく、ジューシーであり、成熟すると、甘い味して、その偽果の先端に腎臓形のような種子が付けられます。

Cashew Apple Cashew Apple Cashew Apple Cashew Apple

カシューはブラジル原産の植物であり、国の北東部に沿岸地域で一般に見つかります。現地民は、ヨーロッパ人が15世紀後半に到着する前にこの植物を植えていました。しかし、記録上の証拠として、ヨーロッパ人が1578年ごろにこの植物を発見し、インドで植えて、そして、東アフリカで植えていたので、それはその地域のネイティブの植物になっていました。この植物は、発熱の治療、新鮮な息の作り及び下痢の和らげするために利用されていました。実際には、ブラジルの多くの先住民族は風邪の治療のためにカシューノキの種子、果物や他の様々な部分を利用していました。ジェームズ・デューク氏は、未熟なカシュー果実が喀血の治療に、果実の液体がいぼ、腱膜瘤や種々の皮膚疾患の治療に利用され、カシュージュースにはカルシウム、リン、鉄とビタミンC(アスコルビン酸)が含まれていることを報告しました。



トロピカルフルーツのカシュー果実について科学的な研究結果

 

参考文書


説明

Ascorbic-acid

 

特徴:体力の回復の栄養価
化学的特性:アスコルビン酸、ベータカロチン、カルシウム、ヘキサノン、鉄、アントシアニン、グルコサミン、ペラルゴニジン、リモネン、ナイアシン、リン、タンパク質、リボフラビン、サリチル酸、チアミン、トランス - ヘキサ-2-エナール。